みなさん、こんにちわ、古民家再生の山田です。

 

さて、今回は、すでに成約した物件ですが、私どもが考える「古民家の再生」を皆さんにご覧いただくため、オーナー様に許可をいただいてこちらに掲載いたします。
再生前、再生中、そして完成後の写真を用意しています。
古民家が生まれ変わる瞬間をぜひご覧ください。

 

 

 

「いったいどのような家をどのように再生させるのか・・・?」

そんな質問をよく頂きます。
古民家を買い求められたいお客様ならば当然のことだと思います。
そこで、オーナー様の許可をいただいた伊賀のある物件の「再生」をご紹介いたします。

場所は、伊賀市東条(ひがしじょう)。
おだやかな丘陵地帯にある小さな集落です。
とても静かなところですが、伊賀の市街地まで車で10分程度。
便利な田舎暮らしが可能です。

こちらの家を購入いただいたのは、60歳代のご夫婦。
ご自宅で仕事をしつつ、伊賀のこの静かな土地で暮らそうと決意されました。

 

001

■住所:三重県伊賀市東条
■交通(電車):関西本線 佐那具駅より1.3km(徒歩20分)
■土地面積:521坪(1720㎡)
■地目:宅地 畑
■地勢:都市化区域
■建物面積:32坪(108.42㎡)
■間取り:6DK
■築年:不明
■構造:木造瓦葺平家建
■設備:電気 プロパンガス 上水道 集落排水

 

002

003

 

敷地入口の目印となる2本の木。
ゆったりとしたアプローチを抜けると、門構えの向こうに建物が見えてきます。

 

004

k0021
画面をクリックすると「再生前」「再生後」の画像が比較できます

 

家の前には菜園や庭園をつくるに十分なスペースがあります。

ご夫婦で、ご家族で、ゆっくりとガーデニングを楽しんでいただけます。

 


k003
画像をクリックすると「再生」の過程を御覧いただけます

 

母屋の横には、農機具置き場を利用した事務所と倉庫があります。
事務所はオーナー様のご要望によって作らさせていただきました。
事務所は巻尾で改めてご紹介します。

 



k005
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k006

 

母屋の横に部屋が増築されていたのですが、今回はそれを取り壊し、優雅なウッドデッキをつくりました。
屋根もありますので、雨の日でもここでコーヒーやバーベキューを楽しめます。

 



k007
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

こちらは勝手口。

蔵との間に屋根がかかっていましたが、一部を取り壊し、明るくしました。

 

k008

 

家をぐるりと回ってみると・・・・
コンクリートの犬走りがあります。
実は床下もこの犬走りの高さで整えてコンクリートを打ってあります。
除湿、耐震をしっかり考え、土台から修繕してあります。

 

k009

 

こちらが玄関です。
扉や窓はすべてアルミサッシに変更してあります。
日本家屋の最大の問題が隙間。
私たち古民家再生は、屋根裏など隙間を徹底的にふさぎ、暖房効率のよい高気密の家になるようにしています。

 

006


k010
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

さあ、どうぞお入りください。
古い建具がお客様をお迎えいたします。
この家の顔ともいえる玄関口がどのように変わったのか、ぜひ画像をクリックしてご覧ください。

また正面の建具には、格子部分にガラスを入れ、見た目をそのままに気密性を高めています。

 

k011

 

中へと入りください。

 

k012

 

どうでしょう。
この広さ、明るさ。

工事中、カメラマンの方が「ここまで壊して大丈夫なんですか?」と驚かれるほど、徹底的に再生しました。
ぜひ画像をクリックして再生前、再生中の画像と比較してみてください。

k0131
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k014
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k015
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k016

 

k0171

 

和室で腰をすえてゆっくりと・・・・。
洋室でソファにもたれかかってゆっくりと・・・・。
ふたつの贅沢なくつろぎの時間を過ごしていただけます。

 

k018

 

和室で腰をすえてゆっくりと・・・・。
洋室でソファにもたれかかってゆっくりと・・・・。
ふたつの贅沢なくつろぎの時間を過ごしていただけます。

 

k020

 

洋室部分、DK部分は基本的にバリアフリー対応になっています。

 

k021

 

さて、こちらがLDKです。
床や壁は杉板を使っています。

こちらはオール電化住宅。
レンジなど安心して使っていただけます。
ガスの基本料金、ガス代も発生しないため、お財布にもエコになっています。

 

k022
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k023
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k024
画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k025
 画像をクリックすると「再生」の過程がご覧いただけます

 

k026

k027

 

脱衣場とお風呂、トイレは最新型のものが入っています。

古民家であっても水回りは最新のものを。
これが私たちの基本的な考え方です。

 

k028

 

離れの事務所の方もご覧いただきましょう。
こちらは農機具等を入れていた倉庫を改装したものです。
オーナー様の要望で工事しました。

 

k029

 

大きな扉を開けて入ると、そこが事務所兼応接です。
どのように使われるのでしょうか。

 

k030

 

事務所の隣には、仕事の合間に休んでいただく和室があります。
茶室のような雰囲気があります。

 

k031

 

隠し階段を使って2階へとあがると、そこは書庫にも使っていただける大きな空間が。
もちろん離にもトイレを設置しています。

 

k032

 

あと、母屋の横には2階建ての蔵もあります。
今後、客室に改装されるもよし、お孫さんたちのレジャールームにするもよし。
いろいろと想像が膨らみます。

ご紹介した物件は成約物件です。
オーナー様のご厚意により、当社HPでご紹介させていただきました。
今後、古民家生活をされる方々の参考になればと思っております。

 

 

再生前の物件はこちら

再生中の物件はこちら