km001

東条の古民家、再生工事の様子をご紹介いただきましょう。
今回の工事にはおよそ2ヶ月ほどの期間がかかっています。
かなり大掛かりな工事の部類に入るかと思います。

 

km002

今回、オーナー様には未改修のままの物件をお買い上げいただき、
その上で改修工事を私どもに依頼していただきました。

 

km003

古民家再生(当社)では、いつもお願いしている大工さん、左官屋さん、電気工事屋さんがおります。
みんな信頼できる仲間。
早く確実に古民家を再生させます。

実は古民家等の改修工事においては、悪質な業者がいることも事実です。
シロアリがいる、柱が腐っている、とオーナー様を脅かし、必要のない工事をさせれらているという場合が多々見受けられますのでご注意ください。

 

km004

km005

km006

今回の再生工事では床を全て剥ぎ取りました。
防湿のために床下はコンクリートを張り、基礎部分もすべて新たにしました。

 

km007

新たに床をつくり、壁をつくり、天井をつくります。
今回気をつけたのは、この立派なハリを効果的に見せること。
家を端から端まで横断する、こんな立派なハリはそうそうありません。

 

km008

水回りはすべて最新式のものを入れます。
家は古くとも、水回りは便利でキレイなものにします。
家はやはり暮らす場所ですから、毎日の暮らしが便利であることが大切だと思っています。

 

km009

ちなみにこちらの家は、オール電化。
リビングには床暖房を入れさせていただきました。

 

km010

km011

このような大工事を経て、古民家は再生され、
新しいオーナー様へと引き渡されるのです・・・・・・・。